読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティザーから読み解く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

   先日、満を辞してスター・ウォーズ シリーズ最新作エピソード8にあたる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のティザーポスターとティザートレーラーが発表されました。

f:id:rs_1107:20170419141937j:image

↑ティザーポスター

 

まだ"ティザー"の段階なので映像もかなり断片的なものでしたが、実は意外といろんなことが分かるのです。今回はそれを整理していきましょう。

 

 

 

f:id:rs_1107:20170419142053p:imagef:id:rs_1107:20170419142058p:image

まず冒頭、レイが何やら苦しそうに目覚める(?)声を上げるシーンから始まります。おそらくこのカットは『フォースの覚醒』でルークの青いライトセーバー(元はアナキンのもの)がレイに見せたビジョン明けに似ているような気がするので、今回もレイが何かしらを見るのではないかと思います。これについては後ほど。

 

f:id:rs_1107:20170419142401p:imagef:id:rs_1107:20170419142406p:image

f:id:rs_1107:20170419142517p:imagef:id:rs_1107:20170419142526p:image

お馴染みのルーカルフィルムのロゴが出た後、"落ち着け、気を鎮めるのだ。そうだ、それでいい。さあ、何が見える?" というナレーションが入ります。最初の2枚は皆さんおわかりのように、前々作『フォースの覚醒』のラストにて、ルークが隠居していた惑星「アク=トゥー」です。(ロケ地はアイルランド世界遺産スケリッグ・マイケル島。ちなみに、これと同じセットがイギリスのパインウッドスタジオに作られているのがドローン撮影にてリークされていました。) この惑星には、『フォースの覚醒』でも若干言及されていたように最古のジェダイ寺院があったらしい惑星で、おそらく今作でかなりキーとなる惑星に間違いありません。これも後ほど詳しくか解説します。

3枚目のカットはおそらく同じく惑星に立つレイの後ろ姿。

4枚目のカットはすごくスター・ウォーズっぽくないカットだと感じました。レイがフォースの訓練をしているところでしょうか?ここは現状ではなんとも言えません。

 

f:id:rs_1107:20170419143213p:image

"何が見える?" の問いに、レイは続けてこう答えます。"光"

これは『フォースの覚醒』でついに見つけ出したルークの居場所を示す地図を見て、何やら考え込んでいるレイア将軍ですね。そしてここから非常に大事な要素が隠れています。耳を澄ましてよーく聞くと、"Help me, Obi-Wan." というエピソード4『新たなる希望』のレイアのセリフが聞こえるのです。

 

f:id:rs_1107:20170419143419p:image

続けてレイはこう答えます。

"闇"

これは粉々になったカイロ・レンのマスクのカットですね。ここでもよーく聞くと、ダースベイダーのあの独特の呼吸音、さらにオビワンの過去作の台詞から、"...seduced by the dark side." というセリフが聞こえます。seduceというのは、誘惑するという意味です。つまり、"暗黒面への誘い…" ということになります。

 

f:id:rs_1107:20170419143745p:imagef:id:rs_1107:20170419143754p:image

 最後にレイはこう答えます。

"バランス"

ここは耳をすますと、

"Surrounds us, binds us." という過去作のヨーダのセリフが聞こえます。

そして、ここのカットが非常に大事です。一見、何なのか分からないこの「木」のようなものが1枚目に映っています。これはまさしく「木」です。正確には「フォースの木(もしくは、フォース=センシティブの木)」と言います。もちろん名言はされていませんが、ほぼ間違いないと言っていいでしょう。このフォースの木とは何なのか。もちろん過去の映画では一度も言及されていません。ただ、アニメ(『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』S5)の方で少しだけ言及されています。簡単に説明すると、このフォースの木というのは、フォース感能力を持っており、ジェダイ寺院に植えられていたものです。

もうピンときましたね?おそらく、ルークが最古のジェダイ寺院に行って探していた物というのはこのフォースの木なのです。

さらに2枚目のカット、これはジェダイ寺院の紋章です。ティザーポスターの形に何となく似てますね。これはジェダイ寺院に関する古文書か何かでしょうか?これもいまいちよく分かりません。

もうこれは断言していいと思いますが、エピソード8は「フォース」とは何か、が大きはテーマとなるでしょう。それはまさにプリクエル・トリロジー(エピソード1,2,3)補完エピソード、あるいは肯定エピソードと言ってもいいかもしれません。(スター・ウォーズファンは基本的にプリクエルが嫌いなので、肯定という単語を使いました。このいきさつは長くなるので割愛します。)

ただ僕個人的には、この「フォースの木」であったり、エピソード1で言及されたような「ミディクロリアン」の設定自体あまり好きじゃないので、エピソード8は正直かなり不安になってきました…。

 

f:id:rs_1107:20170419144941p:image

"はるかに巨大だ"

このロングショットもすごく大事です。

おそらく、レイがルークからジェダイの訓練を受けているシーンなのでしょう。この画像だとかなり見にくいですが、真ん中でライトセーバーを振り回しているのがレイです。そのちょっと離れた右にいるのが、おそらくルーク。そして、レイのすぐ左の影。実はこれ、ヨーダが岩の上に立っているのではないか、という説がファンの中で流れています(先ほど説明したフォースの木という説もあり)。もちろん、ヨーダは既に死んでいます。つまりフォースゴースト(霊体)として出てくるという説です。ただ、このカットがどうかは分かりませんが少なくともヨーダがエピソード8に登場するのは、ほぼ間違いないないと思います。ヨーダだけではありません。オビワン、アナキンの2人もほぼ間違いないと言っていいでしょう。なぜなら今作が「フォースとは何か」という話になるからです。(実際、アナキン役俳優のヘイデン・クリステンセンがイギリスのパインウッドスタジオを出入りしている姿がリークされていました。) ヨーダの声優であるフランク・オズも先日、インタビューでエピソード8出演を匂わす発言をしていました。オビワン役のユアン・マクレガーは、ずっと機会さえあればまたオビワンを演じたいと言っていますし。

 

f:id:rs_1107:20170419145722p:imagef:id:rs_1107:20170419145728p:image

ここから惑星が変わります。この惑星はCrait(クレイト)と言い、好物に恵まれた惑星だそう。廃墟と化した反乱軍の基地があるとのこと。(レジスタンスではなく、反乱軍)

地面に墜落するレジスタンスの戦闘機。奥にはファーストオーダーのものと思わしき、歩行兵器の姿が見えます。

機体を引きずる際の赤い煙も気になります。

フィン、ポー、BB-8の姿が映った後、タイ・ファイターに追われるミレニアム・ファルコンのカット。

 

f:id:rs_1107:20170419150251p:image

ここでようやく、ファーストオーダーのカイロ・レンが登場。『フォースの覚醒』でレイに付けられた顔の傷が痛々しいです。ライトセーバーも赤い十字形で、おそらく前と変わっていませんが、マスクはやはり付けていません。

 

f:id:rs_1107:20170419150253p:imagef:id:rs_1107:20170419150252p:image

ルークがこう言います。

"真実はひとつ"

このカットもかなり興味深いです。

1枚目は明らかにフードを被ったルークとR2-D2で、2枚目はキャプテン・ファズマとトルーパーです。色味がかなり近いので、2枚とも同じ時間軸のような気がします。ただ少しきになるのは、1枚目のルークとR2のカットが、『フォースの覚醒』でライトセーバーがレイに見せたビジョンの一部に酷似しているのです。(もしかすると、ここのシーンがティザートレーラー冒頭のレイが見るビジョンシーンかもしれません。)

ただ正直まだよく分かりません。

 

f:id:rs_1107:20170419150507p:image

『最後のジェダイ』では、前作『ローグ・ワン』終盤のスカリフの戦いのようなスペクタクル宇宙艦隊戦が見れそうです!

 

f:id:rs_1107:20170419150603p:image

そしてこのティザートレーラー最後のセリフとなります。ルークがこう言います。

"ジェダイを滅ぼすときがきた"

元のセリフは、

"It's time for the Jedi... to end."

です。日本語字幕版の映像では、"ジェダイは滅びる" と訳されていました。ただ僕はニュアンス的に "ジェダイを滅ぼす" の方が原語に近いような気がします。

ここからは完全に僕の予想てす。

育てていた弟子がダークサイドへと堕ち(カイロ・レン)、ジェダイ寺院復興のために育てていた他の弟子全てを殺されてしまったルーク。途方にくれ、フォースの木を求め、最後のジェダイ寺院(惑星アク・トゥー)を訪れたルーク。ここで何かを学んだルークは、そもそもジェダイという存在自体が間違っているのではないか、という疑問にぶつかるのではないでしょうか。その結果がティザートレーラーのあの最後のセリフだと思うのです。

また、この最後のカットでルークが立っているこの場所ですが、明るくして拡大するとどうも木の中のように見えます。もしかすると成長して大きくなったフォースの木の中なのかもしれません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?非常に断片的ですし、まだまだどんな話の展開になるのかは分かりませんが、ちょっとずつ見え始めてきましたね。

次公開されるものはいわゆるトレーラー、本予告編第1弾です。おそらく夏のサンディエゴ・コミコンで公開されると思われます。

公開までまだまだ先ですが、徐々に盛り上がってきました。実は公開前のあぁでもない、こうでもないのやりとりが一番楽しかったりします。笑

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12/15全世界同時公開。